モバイル広告インフォメーション
HOME 会社案内
サイトマップ
 
モバイル広告とは モバイル広告の種類 取扱いモバイルサイト 広告審査 お問い合わせ
  モバイル広告とは
モバイル広告の現状

モバイルとは移動可能な携帯端末全体を指しますが、現在も携帯電話ユーザーの数が増加し続けている(図1参照)事もあり、一般的には「モバイル広告」=「携帯電話向け広告」と言えるでしょう。

携帯契約数 グラフ1999年以降にスタートした "i-mode" "Ezweb"
" Vodafone" サービスにより携帯電話はインターネット端末の仲間入りをし、それと同時に登場したのがモバイル広告です。

モバイルを使ってPCのようにウェブサイトを見たりメール送信をするユーザーの増加に伴い、今では国内のモバイル広告市場は100億円にまで成長しています。

モバイル広告を使ってPCとの相互的な効果を狙ったブランディング、その他にも若者をターゲットとした企画を行ったりと展開の仕方もさまざまあるだけに、今後も発展していく可能性が高い広告と言えるでしょう。

 
メリット・デメリット
 
メリット
  • モバイル自体大抵の人がいつも持ち歩いている
  • モバイルサイトが若者層に支持されている
  • ユーザー数は多く、現在も増加中
  • 今後も機能が進化していくと見られる
  • 画面が小さい反面広告の占める割合が大きくアピールしやすい
     
   
デメリット
  • 現段階では転送量に限界がある
  • ユーザー側の料金負担が高い
  • 画面が小さく、情報量に限界がある


 
 
プライバシーポリシー l 媒体社・広告代理店様へ Copyright (C) 株式会社ネットフロンティア All Rights Reserved.